使い方

Amazonギフト券の使い方といっても、買い物での使い方と他の方法での使い方があると思います。

買い物の使い方として、購入したりプレゼントでもらった、Amazonギフト券をオンラインで利用する方法です。

流れとしては、Amazonの「アカウントサービス」でお支払い方法の設定で「アカウントに登録」を開き、「ギフト券番号を入力してください」という表示の下にある、テキストボックスにギフト券番号を入力します。

そして、「アカウントに登録する」のボタンをクリックしてOKとなります。

一度アカウントに入力したAmazonギフト券番号は、買い物の都度入力する必要はなく、余った金額は自動的にアカウントに残高として残るそうです。

残高が少なくなってきた時や、購入時に残高が足りない場合は、新しいギフト券番号を入力することで追加できます。

入力の際入力枚数や限度額は特にないそうです。

しかし、一度入力したAmazonギフト券番号は、他のアカウントで使用することはできないので、使う分だけの入力をおススメします。

Amazonギフト券には有効期限があり、アカウントへ登録した時ではなく、購入時や発行日の日からの1年なっているので注意が必要ですね。

万が一、カードタイプのAmazonギフト券番号が削れてしまったり、読めない場合はギフト券裏面に書いてある16桁の番号をカスタマーサービスにご連絡すると対応してくれます。

また、、誤ってAmazonギフト券を削除、紛失した場合もカスタマーサービスに連絡すると対応してくれます。

別の使い方して、自身のクレジットカードでAmazonギフト券を購入し、金券ショップやギフト券売買サイト、ネットオークションで売ったり、知人に売ったりなどして現金に換えてる人もいるみたいです。

急に現金が必要になった時に銀行に残高もなく、手持ちもなく、クレジットだけしかない時にする人が多いらしいです。

しかし、この方法は金融会社や銀行でやっているような貸出のやり方に似てますね。

自分のクレジットから、お金を先に使い後で支払うような感じです。

利子はないが、ギフト券を購入した時と売った時にマイナスで差額発生してしまうので、それが利子みたいになるようです。

この使い方は、緊急用としては良いが、普段使いとしてはあまりおススメできないですね。

やはりギフト券と名前があるので現金化用に使うのではなく、買い物の時に利用したりプレゼントとし贈ったりする使い方が気持ちも嬉しくなりますね。