Amazonギフト券の種類は金額により変わる

誕生日や出産祝い・結婚祝いなど、プレゼントを贈る際に便利なAmazonギフト券を贈ろうと思います。

Amazonギフト券なので、よく見る紙幣型のAmazonギフト券なのでしょうか?

Amazonギフト券はいくつか種類があり、購入時の支払い方法や種類など数多くあることが分かりました。

Eメールタイプ、グリーティングカード、ボックスタイプ、印刷タイプ、封筒タイプ、の5種類より用途に合わせて選択する事ができるそうです。

Eメールタイプは、金額が15円から50万の間で1円単位で購入することができ、注文より約5分ですぐ相手に届くというメリットもあります。

また送信相手の住所は分からないが、メールアドレスは分かれば送信できるので、企業側などが懸賞などに利用したすることも可能とのことです。

送信も1度に400件と大量にでき、送付日も最長1年先まで予約ができます。

贈る相手のもらう時の状況によって、送付デザインも多数の種類から選択できるそうです。

贈られた相手はメールに添付された、Amazonギフト券番号入力することで利用可能になります。

これは、15円と少額から購入でき、相手にメールとして送付できるので手軽に贈る事ができますね。

ちょっとしたお礼などに、利用するといいかもしれませんね。

印刷タイプは、金額が15円から50万の間で1円単位で購入することができ、注文の際にPDFを取得し自分自身で印刷し、PDFがついてる用紙を相手に渡します。

なんか最近の航空チケットのようで、贈りものとして重みというか安さ的なのが感じられるような気がします。

紙というのがちゃっちい感じするただの偏見なんですけどね。

グリーティングカードは、1,000円から5万円までの7種類から選択する事ができ、7種類のデザインを選び台紙にAmazonギフト券カードが付いています。

グリーティングカードといっているけど台紙自体にはメッセージを記入する事はできなく、納品書への記載でのお届けになるそうです。

贈るい思いを伝えるのであれば、面倒だけど1度自分の自宅に送付し、メッセージを記入し渡すなり送付するほうがいいかもしれません。

ボックスタイプは、5,000円から5万までの4種類から選択でき、Amazonギフト券カードが綺麗なギフト箱に入っています。

色もブラックと大人な感じなので、改まった贈答品として贈るのに適している気がします。

日ごろお世話になっている目上の方や、親戚などへは上品さもあり良いと思います。

封筒タイプは、3000円から5万円の5種類から選択でき、封筒にAmazonギフト券カードが入っています。

ボックスタイプとは、違いカードはホワイトで明るく年齢はばも広く使える印象です。

これは改まった時でなく、普段使いとしても活用できそうです。

Eメールと印刷タイプは、メッセージも一緒に添付できるので、贈るだけでなく想いも伝えやすいですね。

ですが、印刷タイプ以外はネットでの注文、相手に送付となるので直接渡したいときには、少し不向きなような気がします。

なので、注文し自宅に送付してメッセージなど添えて送るのもありですね。

メッセージも1つのプレゼントですからね。

そう、気をつけなくてはいけないのが有効期限です。

送付日や発行日から1年間と有効期限があるので、切れてしまう前に使用しないといけないですね。

こんなに種類があるので、贈られる相手の生活スタイルやどの方が利用しやすいかなど考えて、どんな形が喜ばれるのかを吟味し選ぶのもいいですね。